2015-06 厚真町大沼野営場

野営場。

なんて昭和な響きでしょう(笑

今回は、ちょっとワイルドな場所に行ってきました。

Atsuma_38

三回連続でのファミリーパークゴルフ追分オートキャンプ場にも惹かれたのですが、

新しいキャンプ場開拓!との意気込みでやって来たのは、苫小牧のお隣、厚真町の大沼野営場です。

2015-04 追分パ・キャンプ場 〜快晴!| Ternと一緒にどこ行こう
2015-04 追分パ・キャンプ場 〜再訪 | Ternと一緒にどこ行こう
野営場記事一覧

厚真(atsuma)町 大沼野営場

大沼は大沼でも、函館のちょっと上にある、有名な東大沼キャンプ場ではなく、苫小牧の隣にある、厚真町の大沼キャンプ場です。

Atsuma_2

まずは高速で苫小牧まで。

Atsuma_3

21度ですよ。ついこの前まで氷点下キャンプをしていた私にとっては、暑すぎます(笑

Atsuma_4

買い出しはキャンプ場に向かう途中の厚真(あつま)町のAコープで。

Atsuma_5

ご当地羊肉を購入。
市原精肉店のあずまジンギスカン・スペシャル!!!

・・・しかしキャンプでは食べられませんでした。(家で美味しく召し上がりました)

なぜなら・・・
Atsuma_6

このクレープ屋さんを見つけてしまったからです(汗

Atsuma_7

以前、札幌の”さとらんど”で食べて量の多さにびっくりしたクレープ屋。通り過ぎるにはあまりにももったいない・・・。
移動販売車だし、次会えるのは・・・?

はい。買っちゃいました(笑
ずっしり重いクレープ。うまうまです!

Atsuma_8

お腹がいっぱいになったところで、(あれ?

厚真町大沼野営場へ向かいましょう。

Atsuma_9

右に、左に・・・。

Atsuma_11

最後の左折看板。夜だったら気付かなさそうなので、注意ですね!

Atsuma_14

大沼を囲んでいる林を抜けていきます。

Atsuma_27

到着!

自然どーん。です。
もうこれくらいでは、全く動じなくなりました(笑
完全に平地ではありませんが、それが”野営場”っぽくていい。

翌日訪問した、安平町ときわキャンプ場とは真逆です。

安平町 ときわキャンプ場 〜芝生最高(下見) | Ternと一緒にどこ行こう

Atsuma_15

大沼を囲むように広くキャンプ場が設定されているんですね。

鯉やフナが放流されているそうですので、釣りもできます。

Atsuma_25

520円です。

Atsuma_29

奥の方は、森林に囲まれてこれまたいい感じ。

Atsuma_23

緑が深くて気持ちがいい林です。

Atsuma_21

右側が炊事場、左側がトイレがある管理棟です。

Atsuma_22

とりあえず、一泊分の水を炊事場から汲んでおきましょう。

このウォータータンクは8リットル入るのですが、
私一人だと、ほとんど料理をしないというのもあって、3リットルもあれば十分ですね。

Atsuma_18

入り口から見た大沼の様子です。

左側に建物があり、右側の岸に今回テントを張りました。

行く前から疑っていましたが、やっぱり”大”沼じゃないよね〜これ。せめて中沼(笑
きっと隣に小さな沼が有るんでしょう。

大沼というと、北海道では函館の近くにある大沼国定公園のことをイメージしてしまいますからね。

まるごと大沼/大沼国定公園ガイド

Atsuma_16

湖畔は静かですし、とても気持ちがいい場所です。(思ったより小さいけど

 

 

Atsuma_28

奥のサイトに行く途中、ワダチの跡が。

大雨で土地が緩んだ時に渡ったのでしょうか。

 

Atsuma_32
乾いていたので、ドキドキしながらも無事渡れました!

Atsuma_36

今回、一番人気な気がする、右奥の沼の直ぐ側にテントを・・・・は・・・・・!?

 

Atsuma_40

 

もしや、虫のシーズン到来!?

 

Atsuma_37

ぎゃーー

こ、この水面に飛んでいる小さな虫達は、刺しに来るアイツでしょうか。。。

Atsuma_38

はい、逃げました(笑

今回は、虫除けグッツをまだ持ってきていなかったので、悔しいですが内側に避難です。。。

Atsuma_39

早いですが虫除けに、ランタンを灯しておきます。
気持ち・・・ですけれどね。

Atsuma_42

そんなこんなで場所も決まり、設営が完了したので、行きましょう!昼ビー!

Atsuma_46

ウィンナー焼いて

 

Atsuma_44

 

チキンナゲット焼き焼きして

 

Atsuma_45

 

こればっかり食べている気もしますが、美味しいので簡単バーガーで夕食です。

 

Atsuma_52

Chair One(に座ってウトウトしていたら、いつの間にか日が暮れていました。

Helinox Chair One  〜猫も座りたい!? | Ternと一緒にどこ行こう

 

Atsuma_50

今夜は満月のよう。

あたりが照らされて、輪郭がくっきり見えます。

Atsuma_57

翌日は午後から雨ということで、雲が流れていく様をゆっくり眺めます。

Atsuma_56

炭火でぽかぽか。

Atsuma_54

ランタンスタンドは、カメラ三脚で代用中。

もう、専用品買わなくても、これでいいかも?

 

Atsuma_63

朝、それはうろこ雲に覆われ始めていました。

 

雨の予報なので、先にテントは畳んでしまいます。

 

Atsuma_80

 

朝食は簡単パスタ。

 

これ、美味しいですよ!

 

300mLの水があればすぐに調理できます。

 

Atsuma_79

箸を忘れて青ざめていましたが、アイテムBOXの底に一つだけ発見!やった!

 

Atsuma_81

イワタニ・カセットガス・ジュニアバーナーとモンベルのコットで簡単調理です。

岩谷カセットガスジュニアバーナー 〜必須 | Ternと一緒にどこ行こう

Atsuma_82

 

ウィンナーを入れて完成です。

 

これはうまい。★4つ。

 

Atsuma_86

キャンプ道具も片付けて撤収完了。

 

Atsuma_105

雨がふる前にキャンプ場を出発できました。

 

 

Atsuma_93

とはいえまだ午前中。

Atsuma_95

むかわ温泉 四季の館

来たのは、お隣鵡川町の道の駅。こちらにはホテルと温泉が併設されています。

Atsuma_96

パンジーが綺麗

Atsuma_97

お!朝風呂もやっているようですね。

Atsuma_98

ロビーは特産品のししゃもで埋め尽くされていました。
入浴料は大人520円です。

Atsuma_100

敷地内はこんな感じ。

Atsuma_101

 

さて、お風呂に入ってかえr。

 

 

・・・

まだ昼間すぎなので、帰る途中、二箇所のキャンプ場を下見してきました。安平町ときわキャンプ場は近いうちに来たいな。

See-Abira-TokiwaC6
安平町 ときわキャンプ場
 〜芝生最高(下見)
Ternと一緒にどこ行こう

 

See-Ebetus14江別市森林キャンプ場
  〜札幌至近(下見) 
Ternと一緒にどこ行こう

 

野営場記事一覧
(Visited 891 times, 29 visits today)