2015-10 U.A.Eドバイ 〜砂漠で一泊。

砂漠の中で。

(本物)

 

一人。

(なんとなく予想はしてたw)

 

キャンプ。

(え、今風のテントかい!!)

 

 

 

何故こうなった・・か、順番に説明していきましょう。(笑

 


アラブ首長国連邦ドバイ郊外 デザート・サファリ・キャンプ地 (番外編)

  • アラブ首長国連邦(U.A.E.)ドバイ
  • googleで”デザート・サファリ 一泊”で検索
  • https://www.orient-tours-uae.com (実際にデザートサファリを運営している現地会社)
  • 札幌から約8000km
  • トイレ:男女別で、ほどほど綺麗
  • 灼熱の夏はお勧めできない
  • ➕ 一面砂漠 / 全て準備済みでお手軽  / 暖かい / 管理人常駐 / 送迎あり / 砂漠疾走付き
  • ➖ 飛行機の音がする / 日本食は無い / 手持ちのキャンプ道具が 一切使えない(持っていけない)
  • 結論:お手軽。砂漠の中に一人残されるといろいろ感慨深い。(普通は何組かいるらしい)

さて。

ここはアラブ首長国連邦のドバイ。世界一のっぽのビル、ブルジュ・ハリファがある街です。

コレ↑

で、ドバイで観光といえば、ブルジュ・ハリファに登ることと、この砂漠を体験するツアー、通称”デザート・サファリ”!!!が欠かせません

トヨタ・ランドクルーザーに乗って、砂漠を走りまくります!

まずは、砂漠の入り口で準備。

車はランドクルーザーのみ!

空気圧を下げて、砂漠で走りやすくします。

砂紋。

凄い!砂漠に来たのは初めてなので、色々感動

一面砂漠!すげー

各ホテルから続々車が集まってきます。

集団行動しないと、埋まった時大変ですからね・・・。

さて出発!

私の乗った車は、ドイツ人家族と同席。みんなキャーキャー言ってますw

結構急なんですよ。ほんと。

砂丘は毎回形を変えるので、先頭を上手い人が走り、その後みな続いていきます。

ぎゃー!

写真タイム。

南国の方が、北海道に雪を見て、はしゃぐように、

私は、砂漠で、はしゃいでいましたw

アラビア半島凄い。

この国でランドクルーザーがバカ売れなのも、よくわかります。

コレじゃないと砂漠で遊べない。

SARSがあるので触りませんが、砂漠と言えばラクダ。

乗ったり、触ったり餌をあげたりできます。

ついに砂漠にくるという、夢が1つかないました。

粒子が超細かい。カメラレンズに付着すると死活問題です。

ランクル集団

どうやって読む&書くのかさっぱり謎なアラビア文字

砂漠でのラリー走行のあとは、お食事タイム。

ちなみに、写真で沢山車が止まっているのは、夕日撮影待ち組っぽい。

キャンプ地を目指します。

ついた!夕食やダンス、レジャーを楽しむキャンプ地です。

この場所の他にも、ツアー各社が十数ヶ所キャンプ地を作っているそうですよ。

早速バギーを借りて

砂丘を登って夕日撮影へ

いい夕焼けでした!

砂漠の運転なんてしないので、超楽しかった。

そして、一回埋まりましたw

(自主規制で)触れないラクダさん。

結構かわいい?

手前がトイレ。奥の砂丘でサンド・ボード!?

男女に分かれていて、個室が何個かあります。

ま、こんなもんでしょ。砂漠のど真ん中だし。

ちゃんと水洗です。

スノーボードで砂漠を滑るのか!楽しそう

北国出身らしくエッジ効かせて曲がろうとしたら派手にコケたw

いいブルーモーメントタイム

 

お土産屋や、各種体験ができます。

アラビア~ンらしい水タバコ。

初挑戦!

裏で熱していた木炭?を入れて水蒸気を出すっぽい。

あまり良くわかりませんでしたが、タバコを吸わないので、口から煙が出る感じが楽しかった。

体験コーナーやお土産屋を冷やかしながら、のんびり座って過ごします。

席はこんな感じ。

繁忙期だとぎゅうぎゅうなんでしょうねー。

ラクダも一休み

ショーの始まり始まり。

電飾系ダンスは見ていて楽しい

終わったら夕食タイム

 

洋食だけど、味はアラビア系。

お肉が焦げていた以外は美味しかったなー。

・・・・(なんだっけ?)

ドバイのショッピングモールで貰った地図に面白い表記が。

キスしちゃだめなんですって。

最後は美女のベリーダンスが魅せてくれます。

さて、夜8時をまわり、そろそろ解散。

みなさん、車に乗ってホテルへ帰ります。

私は、ここで泊まる予定ですが・・・・どこで泊まるんだろう?

 

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!?

 

マジか!笑

ちゃんと寝袋もマットも枕もある!

コレを見た瞬間、心のなかで笑いながらblog 記載決定しましたw

だれ〜もいません。(お客さんは)

北海道でも、キャンプ場貸し切りが多かったけれど、まさかドバイで貸し切りになるとは。。

ま、静かだし、のんびりできて最高です。

それにしても、暖かいので、テントの中で寝なくてもいいんじゃないか?

と思っている所。25度ありました。

結構楽しいw

外で、うたた寝。

深夜にテント内へ移動。

このコールマンの2人用テント、天井がメッシュになっていて、星空を見ながら寝ることができてGood!

Zzzz.

 

 

Zz.

 

z

 

z

 

 

 

翌朝。

17度まで温度が下がっていました。

砂漠用の薄着では、外寝はちょっと厳しいかな?

お世話になったセット。

朝食会場は目の前。

私一人のために、スタッフが朝食を準備してくれます。ありがとー。

コーヒーも飲み放題!!w

洋朝食。

ちがくにドバイ国際空港があるので、飛行機が頻繁に通って少しうるさい。

Emiratesかな?

スタッフは、この2階の監視小屋みたいなところで寝ているっぽいです。

朝日が登ってきました。

ありがとう!

コールマンのテントさん。

迎えに来てくれた運転手さんに連れられ、街に戻ります。

後日レンタカーを借りて運転しましたが、ドバイの道は中央分離帯がしっかりしているので、道を間違えるとUターンするまで何キロも走る羽目になることも。カーナビ必須です。

こんなに広い道なのに・・・

 

 

ドバイの朝は渋滞も激しい。

 

 

小一時間ほどかかって、無事にホテル着。

あー楽しかった。

(超アーリーチェックインさせて頂きました)

 

 夜のブルジュ・ハリファ

 

 

 

さて、帰りましょうか。

 

(Visited 33 times, 14 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です