岩谷カセットガスジュニアバーナー 〜必須

私の火器はカセットガス(CB缶)一択です。
どこでも売っているし、安いし、お手軽ですしね。
イワタニ(Iwatani) カセットガス ジュニアバーナー CB-JRB-3

 

私が使っているのは、イワタニのジュニアバーナーです。
以前先輩が、”学生時代から使っていた” と言ってたので、10〜20年に渡るロングセラー商品なのでしょう。

型番の最後が-3となっているのは、最近収納ケースがオレンジから黒っぽい色に変わり、少し部品改良がされたための様ですが、持っていないので分かりません。
私が持っているのは、1つ前のCB-JRB-2です。

 

Atsuma_85

イワタニオレンジ!目立つので無くす心配はありません(笑
左にあるのは、250gの通常サイズのガス缶です。バーナーを買うと小さな120gのジュニア缶が付属してきますが、そんなの店に売ってないよ!笑

ということで、通常缶12本セットをコストコで大人買いして使っています。

Atsuma_84

ガスといえばイワタニでしょう!

Atsuma_72

セッティングも簡単数秒です。

 

実は新富士バーナーのソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310(左)と迷ったのですが、
昔は”SOTO?海外メーカーかな?”と思ってしまったので、イワタニにした経緯が・・・。

今思うと、”レギュレーター”を使うと、低温時でも火力が安定するという謳い文句を先に見つけて
いたら、もっと迷ったと思います。登山には使いませんが、北海道の冬でも使いますからね。

ここだけの話、氷点下前後であれば、イワタニでも火はつくし頑張ります。ただガスボンベが冷え切っていると厳しいので、冷やさないようにします。またどうしても火力は弱くなるので、ガスを寒冷地対応の”パワーガス”系にして少し補っています。

バーナーを一瞬90度傾けて、熱をガス缶に当てるという裏技を編み出しましたが、1秒も当てると缶が熱持って非常に危険ですので真似しないでください。。。他にはガス缶を手で暖めるという簡単な技もありますのでこちらがお勧め。(外にガス缶をずっと置いておく状況でマイナス5度超えは実用的に炎が弱すぎるので無理です)


 

ここでちょっと寄り道。実はバーナーよりも重要なのがガス!気温で火力が変わるのはガスの成分のせいなんです。使われるガスには種類があって、ブタン(ノルマルブタン)、イソブタン、プロパンの3つです。

通常売っている”ノーマル”カセットガスには、ブタンを使用しています。これは沸点が-0.5度で、実感として気温10度以下になると徐々に火力が弱くなってきます。家庭内や夏のキャンプでの使用には十分です。

 

 

一方の”パワー”系のカセットガスにはイソブタンが混ぜ加えられています。ブタン沸点が-11.7度で氷点下以下になると徐々に火力が弱くなってきます。

また、一部のアウトドア系カセットガスには、プロパンも混ぜ加えられています。プロパン沸点が-42.9度で、マイナス20度以下に・・・ってそんな状況はなかなか無いでしょうね。


ガス缶には複数のガスが混ぜられている事が多いのですが、問題は”ガス缶にどのガスがどの割合入っているか”の記載がないこと。
使っているガスの種類よりも、大事なのは比率なんです。。。

たとえばブタン10%、イソブタン90%

ブタン90&、イソブタン10%

では大違いです。上だと少々寒くてもほぼ最後までイソブタンが頑張る。
一方下の方は、寒いと、イソブタン10%が先に使われて、その後やる気のないブタン90%がダラダラ弱火として出てくるんですから。。


で、ネットや買い物サイトのレビューを総合すると、

安い普通のカセットガス  :ブタン100%
イワタニ カセットガス   :ブタン70%、イソブタン30%  (岩谷公式Webより)
イワタニ パワーゴールド :ブタン30%、イソブタン70% (岩谷公式Webより)
UNIFLAME プレミアムガス :イソブタン95%、プロパン5% (公式Webより)
ソト(SOTO) パワーガス    :ブタン90%、プロパン10% (アマゾンレビューより)

ですね。岩谷の通常ガスが、他よりちょっと高いことに納得です。


 

 

 

・・・さて、話を戻します!

Atsuma_83

セッティングは簡単。
ゴトクと足を270度回して広げるだけです。

Atsuma_67

見てください、この安定感(笑

3本足と、大きな4本ゴトクがいい味出しています。

Atsuma_69

缶の接続は、家庭用のカセットコンロと同じで簡単です。

ガス缶とバーナーの出っ張り穴を合わせて、

Atsuma_71

差し込んだまま、穴を上へ向かってクルッと回すだけ。手動です(笑

Atsuma_77

右側の丸い部分が、火力調整ダイヤル。そのちょっと右上にあるのが点火スイッチです。

Atsuma_73

カップも余裕で乗ります。

Atsuma_74

フライパンも当然平気。

Atsuma_75

見よ、この安定っぷり(笑

Atsuma_68

4本ゴトクは相当しっかりしているので、水500mlいれても平気。

Atsuma_78

さて、夕食にしましょう。今日のご飯はパスタです!

・・・あれ?箸を忘れてきたっぽい。。。

ごそごそ、BOXを探すこと数分。

Atsuma_79

箸あった〜〜〜!!!!(嬉

Atsuma_80

指定の300mlなら1分程度で沸騰します。

Atsuma_81

バーナーを使うと、鍋底の中心部が焦げやすいので、かき混ぜ続けます。

Atsuma_82

パスタの出来上がり。

ウマウマです。

Atsuma_66

使い込んでいるので、金属が焼けてますね〜。
車やバイクで移動される方には、イワタニ・ジュニアバーナーお勧めです。

(登山メインの方は、もっとコンパクトになるOD缶を使った製品がいいと思います)

(Visited 1,649 times, 663 visits today)