2016-05 黒松内ルピック 〜雨のたき火キャンプ

雨模様のオフ。
天気予報を見ていると、徐々に良くなり夕方には雨が止みそうです。

道南方向なら早く雨も上がるだろうし、キャンプしてもいいかな?と、翌日仕事にもかかわらずキャンプ道具を積んで出発です!


黒松内町 L’PIC(ルピック)歌才オートキャンプ場

  • 北海道寿都郡黒松内町字黒松内521-1
  • 0136-72-4546
  • http://www.lpic.utasai.jp
  • 札幌から約160km
  • ➕オートは最高 / 設備整ってる / 近くに遊び場豊富
  • ➖フリーあるけど、隅っこ / フリーサイトは起伏あり
  • トイレ:管理棟内:綺麗
  • 結論:オート・ファミリーキャンプにおすすめ

201605_lpic_2

向かうは、黒松内町の歌才オートキャンプ場です!
札幌から小樽〜余市〜ニセコ〜黒松内とドライブしながら向かっていきます。(時間のかかる国道5号線ルート)

201605_lpic_1

5月の北海道は昼でもこんな気温です。
夜冷え込むことを予想して、服は多めに。

201605_lpic_5

フルーツ街道がある余市を通っていると花が満開!
これはさくらんぼの木でしょうか。

201605_lpic_7

紅葉は春と秋の二度あるんです。

201605_lpic_9

黒松内までくると、函館の案内も。
ラッキーピエロ食べたい・・・という欲求をぐっと我慢。。。

201605_lpic_11

徐々に風景が変わって、ここのあたりは白樺だらけに。

ちなみに、奥の方にはブナの林があります。

黒松内は、ブナの北限だそうですよ。

201605_lpic_15

そんなこんなで到着。
L’PIC(ルピック)歌才オートキャンプ場です。

201605_lpic_19

管理棟は、綺麗なログハウス。
残念ながら雨はまだまだ降っています。。。

201605_lpic_147

早速受付します。
入場料900円+フリーテントスペース550円の1450円。
少し高いですが、施設が綺麗でオートメインだとこのくらいが平均です。

201605_lpic_24

料金表

201605_lpic_25

良い薪があったので600円/箱購入!

201605_lpic_26

割り箸のたきつけは無料でもらえます。

201605_lpic_28

地元のお肉や

201605_lpic_27

アイスも売っていましたが、買い出しは済ましているので残念ながらスルー。

201605_lpic_159

場内図。
管理棟を中心に、一方方向の道路が伸びていて、丘陵に転々と配置されている良いキャンプ場です。
なお、フリーは端っこ。

201605_lpic_161

ゴミの分別
(炭以外持って帰るので、ほとんど読んでない・・・(笑

201605_lpic_162

利用案内です。

注意事項としては
・夜9時〜朝7時まで入口ゲート閉鎖
・花火禁止
・炉(砂場)で直火可
・焚き火台で焚き火可(フリーサイトで使えるか管理人さんに聞きました)
でしょうか。

201605_lpic_36

さてさてさて。
フリーサイトにテントを張ります。

フリー用駐車場の直ぐ後ろの芝生が、フリーサイト。

201605_lpic_38

斜めだな〜。
立木の奥側は、キャンプ場入口の道路。

なんだかキャンプ場の隅っこ感たっぷりです。

ここは“オートサイト”のためのキャンプ場ですね。名称にもオートってありますし、ここが“フリーテントサイト”という名前からも、あまり期待はしない方が良さげ。

201605_lpic_39

ま、焚き火を楽しむというミッションがあるので、気持ちを立てなおして、テントを張ります。

・・・今まで一番変なテントの建て方してる(笑
メッシュのため雨が染み込むインナーテントを、雨に濡れないように一番早く張ったらこうなりました・・・

201605_lpic_40

その後、アウターを張って雨をしのいでから、徐々にピンと張っていきます。

もっと雨天時のテントの張り方を研究しないとダメですね。

201605_lpic_41

完成!(前

201605_lpic_42

完成!(後

だいたい午後5時くらい。
まだゆったりと過ごしたいので、ひっさしぶりにタープ張ります!

201605_lpic_44

久しぶりすぎて、ポールや張り綱の感覚が思い出せない・・

 

調べてみたら、約一年前の古山以来ですか。。

2015-06 由仁町 古山貯水池自然公園 〜森林浴 | Ternと一緒にどこ行こう

 

201605_lpic_43

雨に濡れつつ何度かやり直し・・・

201605_lpic_45

201605_lpic_48

たった!

201605_lpic_54

スペースを稼ぐ&見晴らしを良くするため、跳ね上げます!

完璧!

201605_lpic_50

テントの後ろ側はギリギリ隠れるくらい。
ギリギリ過ぎて、タープから落ちる雨音がテントに響いてしまい、少し失敗してしまいました。

201605_lpic_61

水を補給しに管理棟へ。
屋根付きで楽々。

201605_lpic_59車&テントまで、目と鼻の先で非常に楽ちん。

201605_lpic_64201605_lpic_63

こちら、管理棟から見た、オートサイト。
泊まるんなら、断然こっちですね。

201605_lpic_89

さて、少し冷えてきたので、焚き火でもしますか。
ネイチャーストーブに火を入れます。

201605_lpic_100

こいつは一本ずつ燃やすことができるので、長く楽しめてお気に入り。

201605_lpic_102

雨は未だ降っていますが、タープ下で夕食にしましょう。

201605_lpic_105

ようやく、ようやく!の麦酒で乾杯!

201605_lpic_104

メインは美瑛のジンギスカン。
ジンギスカン鍋を買ってしまったから、最近ジンギスカン多いな〜(笑

201605_lpic_107

コストコのディナーロールと共にもぐもぐ頂きます。

201605_lpic_131

なお、本日のランタンは、イワタニのガスバーナーと兄弟のカセットガス ジュニアランタン CB-JRL-2です。

岩谷カセットガスジュニアバーナー 〜必須 | Ternと一緒にどこ行こう

201605_lpic_108

爆ぜない、火力がコントロールできる焚き火は、本当に楽しいし、暖かい。

201605_lpic_115

炎も見ていて飽きません。ず〜っと見ていられる。

201605_lpic_121

火力が弱くなってくると、火の色が変わったり

201605_lpic_122

なびき方も変わったりと飽きません。
だから、キャンプをやっているんです。

201605_lpic_132

明日は早くに出発しなければ行けないので、テントに入ります。
雨のせいでしょう。インナーとフライ(アウター)が触れている所が濡れています。

201605_lpic_135

インナーはメッシュなので、雨の日こそ二枚を触れないようにフライをピンと張らないといけませんね。

201605_lpic_133

s_DSC06477そうそう今回、初めてコットをテントに入れて寝てみました。
サイズギリギリだったので、中で組み立てるのは大変でした。
もうやんない(苦笑

Helinox COT ONE Convertible ~最高の昼寝処 | Ternと一緒にどこ行こう

201605_lpic_58

で、懸念だったのが、私の体重を僅か6本の足で支えるということ。NEMOテントの底破れるんじゃない!!?という心配です。

そこで、“底面積広げればいいじゃないかな?”という安易な発想でゴムマットを買ってきて、下に敷いてみました。

どうなるかは、明日のお楽しみ〜!

201605_lpic_134

それでは、おやすみなさい。。

Z

 

ZZ..

 

 

 

ZZZ….

 

201605_lpic_140

翌朝.

 

残念ながら雨は上がっていませんでした。

201605_lpic_141

それにしても、ヘリノックスのコットは爆睡ですね!

201605_lpic_142

この日は、お隣に1組さんのみ。

201605_lpic_143

(個人的な)撤収時間も迫っているので、大急ぎで朝食作ります。

201605_lpic_150

湯がくだけの簡単お料理。朝からそうめん頂きました。

改てこの写真を見ると、料理とはとても言えないですね。ネギすら入れていないという(苦笑

201605_lpic_152

NEMOさんはべちょべちょ。

新テント買っちゃった 〜ニーモ タニ LS 2P | Ternと一緒にどこ行こう

201605_lpic_153

家に帰ったら、干さないとダメですね。

201605_lpic_139

そうそう、昨日のコットの足ですが、やはりゴムにくっきり跡がついてました。
直で寝ていたら、もしかしたらテントの床が破けてしまったかもしれませんので、私は今後NEMOのテント内部にコットを置くことな無いでしょう。

201605_lpic_154

今日は昼過ぎから仕事なので、ゆっくりする暇もなく、撤収。
テントを先に畳み、タープをたたみます。

201605_lpic_156

撤収完了!

201605_lpic_163

まだ時間に余裕があったので、フリーサイト場内探検に行きます。

201605_lpic_164

フリーサイト最奥部。
何カ所か平らなところはありますが、基本的に斜傾地です。後から増設したんでしょうか。

201605_lpic_165

管理人さんから、フリーサイト奥の方にU字管が二カ所あって、そこなら直火して良いよ!と言われたのを思い出して、見に行きます。

201605_lpic_166

こ、これっすか。
ちょっと微妙ですね。

201605_lpic_167

もう一カ所は、テントのお隣。
歌才のフリーテントスペース一等地は、この場所ですね!

201605_lpic_169

帰りがてら、他の場所も見学しにいきます。

201605_lpic_170

バンガロー。一泊5500円(除く入場料)

 

201605_lpic_172

目の前に焚き火ができる砂と水道、電源もあるのはいいですね〜。

 

201605_lpic_174

バンガローの中はこんな感じ。

201605_lpic_176

カーサイト 2500円(10A)

201605_lpic_177

う・うらやましい!!!!!

 

201605_lpic_179

芝生80m2の広々としたスペース。

後ろは林という、気持ちのいいカーサイトです。

201605_lpic_159 選ぶなら道の外側!28〜30も良さそう

201605_lpic_181

後ろの林で遊べるのがいいのかも。

201605_lpic_183

奥側から、入り口の管理棟を見たの図

201605_lpic_186

ゴミステーションって、北海道の方言らしいですよ・・・!

201605_lpic_185

この網は・・?

201605_lpic_188

ありがたい事に、ガス缶捨て場もありました。

 

201605_lpic_126

朝風呂!

連泊するときは、朝食をここで取るのもいいかもです。

 

201605_lpic_127

いつもは、黒松内温泉ぶなの森→→photo03 に入ってから、帰宅するところですが、、、

黒松内温泉 ぶなの森 http://www.kuromatsunai.com/bunanomori/

 

これから仕事ですから!(泣

 

大急ぎで札幌に帰ります。

201605_lpic_190

未だ雨模様の黒松内から南に向かい、黒松内新道〜豊浦〜苫小牧〜札幌と太平洋側経由の高速で帰ります。

201605_lpic_195

有珠山SAで

201605_lpic_192

ホタテの炊き込み御飯を頂いて一休み

201605_lpic_197

あれ?晴れた・・・

201605_lpic_198

もう少し、早く青空が欲しかった・・・・。

 

 

さて、出社し帰りましょうか。

(Visited 305 times, 241 visits today)