Helinox COT ONE Convertible ~最高の昼寝処

Helinox Chair Oneを買ってから、次に欲しいものは決まってました。コットです!
日向ぼっこにちょうどいいですし、テーブルにもなる。夏にタープとコットだけで寝るのも楽しそうですよね!

Helinox Chair One  〜猫も座りたい!? | Ternと一緒にどこ行こう

s_DSC06477

購入したのはイオン苫小牧に入っている、モンベル。
そういえば、Helinox Chair Oneもここで購入したのでした。恐ろしすぎるぞ、苫小牧モンベル。

IMG_9311 IMG_9312

コットワン・コンパーチブルは人気だそうで、店員さんいわく「直ぐ売れてしまう」「一個ずつしか入荷しない」ということなので、見つけちゃったが最後。確保しちゃったわけです(苦笑

昨年から欲しかったのですが、確か5万円超だったので、こりゃ当分無理だなー。と思っていたら、今年新製品が出て4万円以下に。この差にやられちゃいました。
※”コットワン”が旧商品で、”コットワン・コンパーチブル”が2016年の新製品@モンベル

このとき、実は白老町へキャンプに行く途中だったので、さっそく広げてみました!

2016-04 ポロトの森〜北海道に春が来た | Ternと一緒にどこ行こう

s_DSC06553

まずは大きさから。左からスノーピークのエアーマットコットワン コンバーチブル、小さいのがチェアワンです。

※エアーマットの収納袋が表裏逆だよ!という細かいツッコミがあるかもですが、防水処理の面を表に出すことで、するするっとスムーズにマットが収納できるんです!

s_DSC06546

コットはエアーマットといい勝負。長さはコットの方が短いので収納には便利ですねー。

s_DSC06286

Hellion Chair Oneと比べると3〜4倍は大きく感じられます。

s_DSC06293

バックパックや、バイクなどに引っ掛けやすいようになっています。

s_DSC06295

バラします!新品なのでまだ袋に入ったまま。

s_DSC06298

袋をとってみました。
上から、収納バック、座面、足x3、左右に通すポールです。

s_DSC06303

ポールは内部に一本のゴムひもが通っているので、簡単に連結できます。

s_DSC06310

コットの足パーツ。
左右に付いている金具が違います。

あ、この輪ゴムはそのまま付けておきいた方が収納が楽です。
ちょっとダサいけど・・・。

s_DSC06312

Helinox Cot Oneを特徴づける、足パーツ。
この部分を開いて、テコの原理でコットをパンパンに張ります。

s_DSC06325

こちらは地面につく側。
左右の穴は、コットの高さを高くできるオプション品(別売り)の差込口です。

だから、商品名がHelinox(ヘリノックス) コットワン コンバーチブルなんです!

s_DSC06533

足パーツは3つにわかれていますが、ポールと同じくゴムひもが通っているので、簡単に連結できます。

s_DSC06315

できた。

あれ・・・?

s_DSC06338

はい、上下逆にはめてしまいました。
写真上が正解。下が間違い。
一度間違えたら、もう間違いないはず

s_DSC06540

さて、次はポールを組み立てていきましょう。
力をもろに受けるだけあって、接続部分が長めに取られています。
しっかりとした作り。

s_DSC06361

ポールの連結は一瞬で完了。

なお、片付けるときは、まず真ん中を半分に折り、その後2箇所を半分に折ると、内部のゴムが均等に伸びて長持ちできますよ。

s_DSC06369

あとは両側にある袋状の部分にポールを通していきます。

s_DSC06372

Helinox 旗!(お馬鹿

s_DSC06379

ポールの両端には工夫がしてあります。
布の内側の穴に通すのですが、通し終わったら、両端を布の端側にずらします。
ヒモを引っ張ってずらすと、ポールが抜けなくなる仕組みです。

s_DSC06383

ポール両側入れました。
さて、ここからHelinoxらしさが出る、足を取り付けていきます。

 

まず、このパーツがどう動くか御覧ください。

この動きで”テコの原理”が働き、少ない力でコットをパンパンに張ることができるのです。

 

s_DSC06384

まず何もギミックの付いていない足の片側をポールにはめます。
ここでは力は必要なく、ちょっと押し込める程度です。

 

 

そしてもう片方の足を、開いてからポールにはめ、ぐいっと閉めます。

 

s_DSC06401

一つ出来上がり!

s_DSC06404

同じように、残りの2つ足を取り付ければ・・・

s_DSC06407

完成!

s_DSC06403

このHelinox Cotの素晴らしいところは、マットがピンと張っていること。
指で弾くと太鼓を叩いたような音がします。凄い!

s_DSC06408

上に寝転がったまま、下を写してみました。
ほとんど沈み込んでいません。

s_DSC06420

快適なコットが完成しました!

 

さて、実は考えていたことがもう一つ有ります。

テントに入れられるかな?ということ。
テントのフライ(外張り)とコットだけで寝れれば、暑い夏でも快適かも!!という発想です。
(とりあえず、インナー付きのテントに入れてみる。)

s_DSC06476

は、入るかな・・・。

s_DSC06478

ぐいっと。。。

s_DSC06480

入らない・・・かも?

s_DSC06483

やった!!
ちょっとテントの生地を引っ張りましたが、無事に中に入れられました!!

s_DSC06487 s_DSC06486

両側とも僅かに隙間があります。

s_DSC06497

Nemoのテントは2人用なので、スペースもしっかり。
腰掛けることもできます。

s_DSC06503

ただ、気になるのは、テントのインナー生地の耐久性。
大人一人の体重を6本の足で支えるので、生地が心配。

s_DSC06505

コットに寝ていて全般的に負荷がかかっていればいいですけど、腰掛けたりして重さが寄っている時の生地が心配ですね。

なんかゴム足みたいなの買おうかな。

インナーにも入れられたので、フライ(外張り)だけなら底は無いので余裕ですね!

とりあえず、Helinox Cot One in Nemoは、大成功!!

s_DSC06510

収納時も簡単。この銀色の金具をつまんで開放してあげるだけ。

s_DSC06519

ただ、ちょっと硬いので、この黒いレバー部分を押しながら作業すると、するっと外れますよ!

s_DSC06521

ほら

s_DSC06530

ちょっとダサいですが、最初から付いていたゴムを付けっぱなしにしておくと、すごく撤収が早く楽になります。

s_DSC06477

快適なコット生活、いかがですか!!(日焼け注意!


Helinox ライトコットKコットワン コンバーチブルと別商品です。少々軽く安いですが、テコの原理を使用せず布がパリッと張らないので、寝心地が雲泥の差・・・。


追記1:コットの足にゴムを敷いてみました編 2017/01 write

黒松内に行く途中、ゴムマットを買ってみました。

 2016-05 黒松内ルピック 〜雨のたき火キャンプ | Ternと一緒にどこ行こう

意外と高かったゴムマットx6

このコットの足に、ひとつづつ敷いてみます。

ずれまくりで固定するのに一苦労。

んで、一晩寝ました。

けっこうクッキリ圧力の跡が。

これは、ゴム足を敷いてもインナーテント内で使うのはあまり良くないかもしれませんね。(軽量テントならなおさら。)


追記2:テントのフライ(外張り)だけで、コットを入れてみました編 2017/01 write

コレ最高!

グラウンドシートは消耗品なのであまり気にせずコット直置き。

虫除け完備で寝ると、快適!

開放感あふれるこの仕様は、夜も寒くならない8月限定@北海道


追記3:暑かったので、コットと寝袋だけで寝てみました編w 2017/01 write

マジでコレだけで寝ました。
寝袋はモンベルの#3

2016-08 短編:仲洞爺 〜星空を眺めながら外寝 | Ternと一緒にどこ行こう

この星空を見ちゃったら、テントなんて建てられません。

いけます。満天の星空を見ながらぐっすり爆睡。

 


追記4:おまけ:モンベルのカタログ編 2017/01 write

 

 

次買うのは、このサマーキット!!??

終わり。


※カタログに載っているライトコットは、軽量化のため、生地も寝心地も全く違います。(ライトはビニール風、コンパーチブルは布風)。そして私はオススメしません。

(Visited 1,118 times, 121 visits today)