2017-07 新ひだか町 三石海浜公園〜綺麗な花壇と芝生 (下見2

北海道日高管内のキャンプ場一気見。

二ヶ所目は、新冠町の判官館から南下した、新ひだか町三石にある海浜公園にお邪魔します。


新ひだか町 三石海浜公園オートキャンプ場

  • 北海道新ひだか町三石鳧舞161-2
  • tel:0146-34-2333 (センターハウス)
  • http://www.shinhidaka-hokkaido.jp/hotnews/detail/00000025.html
  • 札幌から高速で2時間半
  • ➕海目の前 / 道の駅裏手 / バンガロー綺麗 / 敷地内は芝生
  • ➖フリーテントサイトは無い/泳げない(2007年は。)
  • パーキングサイトの漁業体験が面白そう。

 

 

 

三石海浜公園オートキャンプ場は、道の駅みついしの裏手にあります。
お土産屋やレストランがあるのは、ファミリーキャンパーには嬉しいところ。

内陸側は放牧地が広がっています。

ちなみに三石海浜公園がある所の住所は、鳬舞と書くんですが、絶対に読めない・・・。

読みは“けりまい”だそうで、けりの漢字は鳥の名前だそうです。つまり鳬がたくさん舞っている土地ということなんですね。

キャンプ場入り口にはゲートがあるので、先に受付しましょう。

ゲートのすぐ隣にあります。

料金一覧。
こちらはオートキャンプ場の料金ですが、隣接してパーキングサイトというものも実はあります。(後述)

三石海浜公園全景。
なお、2017年の海水浴場は休止だそうです。

海岸沿いにバンガロー、オートキャンプサイト、(見切れていますが)パーキングサイトが並んでいます。

道の駅の二階にもレストランはありますが、隣にある温泉施設の方が美味しそう&地元料理が豊富でした。

レストラン旅籠。温泉ついでにいいかもですね。

みついし昆布温泉 蔵三 http://kurazou.ambix.biz/spa/
レストラン旅籠 http://kurazou.ambix.biz/restaurant/

 

さて、敷地内にお邪魔しましょう。
まずは右手にゴミステーション。

丘陵を背にして、バンガローが並んでいます。
左手にもフリーサイトっぽい区画があるのですが、進入禁止になっていました。残念。

可愛らしいバンガローがたくさん並んでいました。

花壇が作られていたり、芝が綺麗に刈られていたりと、しっかりと手が入れられている印象です。

ここのバンガローの特徴は、なんといっても海までの近さ!!
砂浜まで十数歩です。

内部はこんな感じ。

バンガロー群を過ぎると、オートサイトになります。

まずはトイレ。テレビアンテナ付きです。

中は綺麗。

和式と洋式がありました。

sumi

トイレの隣には、炭捨て場が用意されています

オートサイトは木々はありませんが、綺麗に区画割りされています。
ゴミ拾いしている方々もいましたので、快適に利用できそうです。

これでガスっていなければ最高なのに・・・。

ひと区画分。
一番道の駅に近い場所です。

見てください!このシンク!
太平洋の絶景を見ながら料理ができます! (景色は想像ですw

シンクには、電源とテレビ線がありました。トイレ棟から分配しているんでしょうね。

基本、海側にオートサイトが並んでいます。

陸側は綺麗な芝生が広がっています。

さて、ここからはキャンプ場を突き当たりまで進むとある、パーキングサイトのお話。
正確には別の管轄となる「みついしふれあいビーチ」に付属するパーキングサイト。利用する時は、必ず翌朝に行われる漁業体験(五百円)に参加することになります。(荒天時は中止で、五百円返金)

体験内容は、浅瀬での昆布取り。これはちょっと面白そう。

1区画分。

受付は道の駅とはキャンプ場挟んで反対側ある、「ふれあい交流センター」で行います。
(パーキングサイトの入り口に建物があります)

デイキャンプ:1020円
一泊キャンプ:2570円(漁業体験込み)
チェックイン9ー17時、チェックアウト9ー11時
利用期間;7月1日〜8月31日
予約電話;0146-34-2588
禁止事項:直火、焚き火、ペット、カラオケ、発電機、釣り、遊泳
※2017年の情報です。

全13区画

ちょっとした遊具もあります。(ちょっとしすぎ?

さて、次のキャンプ場へ向かいましょうか。

(Visited 40 times, 40 visits today)