2018-05 洞爺湖 水辺の里財田 〜夜討ち朝駆けGW

ゴールデンウィークは仕事・・・。

でも一日だけ休みになったので、キャンプ好きご家族が行っている洞爺湖にお邪魔してきました!
最大限キャンプを楽しみたいので、仕事終わりにキャンプ場へ。一日遊んで、翌朝早朝帰宅&出社です(笑

目指すは、洞爺湖の快適オートキャンプ場、水辺の里 財田(takarada)です!!!


洞爺湖町 水辺の里財田(たからだ)キャンプ場

  • 洞爺湖町財田6番地(洞爺湖沿い)
  • tel: 0142-82-5777
  • http://www.town.toyako.hokkaido.jp/01_kankou-info/kankou-contents/0102_camp_takarada.jsp
  • 札幌から約100km
  • トイレ:管理棟内:綺麗
  • ➕ 平らな芝生 / フリーサイト広々 / トイレ炊事場綺麗 / 駐車場近 / 湖畔に遊歩道/水遊び可
  • ➖ 遊具1機のみ / 一部のサイト以外、水辺は見えない / 花火は対岸で見えない
  • 結論:オートでもフリーでも清潔で非常に快適にキャンプできます。ファミリー多め

ここのキャンプ場の記事一覧 | Ternと一緒にどこ行こう

※洞爺湖に面したキャンプ場でまとめています


 

仕事を終えて、一路洞爺湖・財田へ目指します。

先発隊はすでに朝から設営済み。
快適キャンプ場に今回もお世話になります。

まずはビールをぐいっと!

仕事終わりでのむビールは最高!

到着を待って頂いて感謝感謝のアヒージョ!

焼きますよ〜。

岩谷カセットガスジュニアバーナー 〜必須 | Ternと一緒にどこ行こう

コストコのアヒージョは料理手軽だし、美味しいし本当におすすめ!

まだまだ5月。5度前後なので、幕内には暖房が焚いてありました。

ノクターンも柔らかい炎で癒やしてくれます。コレほしい・・・。

子どもたち用に湯たんぽが準備されていました。

湯たんぽって、こうやって温めるんだ・・・!

いろいろ食べながら話しながらで、時間がゆったりと過ぎていきます。

今回はテントを張らずに、スノーピークのビッグタープにお邪魔して寝ます。(マットと寝袋持ち込み)

おやすみなさい。。。

 

 

Z

Z

 

 

 

Z…z..

 

 

z..z.

 

 

 

z..z.z

 

 

 

z..z.z.

翌朝。
ちょっと肌寒いけれど、とてもいい天気。

目の前の湖畔へ。
この写真は、オープンサイトの自分達の区画から。本当に目の前に湖が広がっています。

散歩と言っても1分未満で到着です(笑

透き通っている洞爺湖の水。冷たくて気持ちい。

洞爺湖は、火山が噴火してできた巨大なカルデラ湖です。
キャンプ場は地図の上(奥)の方。湖手前が有珠山。こんな大自然の中でキャンプできるなんて、さすが北海道です!

中島をバックに、今回も持ってきた折りたたみ自転車のTern(ターン)!を。

今回も子どもたちの輸送(笑)に、トイレに、おもちゃに大活躍でした。数家族が集まるキャンプにはぜひ折りたたみ自転車を一台。

まだまだ春の北海道。

悪天候の予報だったので、GWにもかかわらずポツポツと空きがあり、とても快適に過ごせます。

子どもたちと自転車に乗って、場内散歩へ。

まずは管理棟(センターハウス)

売店やトイレもありますよ。(後述)

場内図。
今回使ったのはオープンサイト。これから右側のフリーテントサイトの方へ移動します。

管理棟に一番近いのが、ここ、プライベートサイトB

星型で作りがオシャレ。

ゴミ捨場の横を抜けて、

フリーテントサイトへ。

場内が広大すぎるのか、大型テントが立ち並んでいるはずなのに、非常にゆったりとした雰囲気が伝わってきます。

そして見てください。このフリーテントサイトの駐車場。

芝生乗り切れ禁止のフリーサイトで、ここまで快適な場所は他に知りません・・・。

ふと横を見ると桜が!

満開少し手前でしょうか?

北海道では5月に咲く桜。キャンプ中に初めて見ることができました。よかったなぁ。

我らがベースサイトに戻ってきました。

お昼はピッツァ!
美味しすぎた・・・。

食後は子どもたちと鬼ごっこをしたり、場内唯一の遊具に遊びに行ったり・・・。

財田が誇る、最新鋭のゲートw
リモコン・ポチっでゲートが開きます。

見ていると楽しい。

ここから管理棟をじっくり見ていきましょう。

まずは料金表。2018年版。

一番安くするなら、オープンサイト利用で1,000円+800円の1,800円ですかね。

フリーテントサイトではないので注意。オートにしては安いなぁ。

私が絶賛しているフリーサイトは、入場料800円+宿泊700円の1,500円で泊まれます。

その他もろもろ。

混雑時はチェックイン13時に受付に列ができることもありますよ。

作りはこんな感じ。

前回入れなかったカフェ&売店部分へ。

入口には薪が売られていたり、

自転車レンタルもやっています。

2時間500円、4時間900円。1日1500円。

おおお〜。ロッジ感すごい。

とても清潔な内装。

cafeではキッシュやピザが食べられます。

キャンプはしなけれど、ここのカフェに寄るというのは有りかもしれませんね。広い駐車場も直ぐ側だし。

 

カフェの片隅には売店があります。

調味料に

洗顔道具

燃料もホワイトガソリンからOD缶までありますよ。

カセットガスは不明・・・。

ハンカチかな?

 

もちろんお酒も売っていますよ!

こちらはトイレなど水回りを集めた部分。

コインランドリーは3台。

洗濯機1回200円、乾燥機30分100円。

シャワー&トイレ

ふつー。

鍵がかかっているので、中の様子は不明です・・・。

で、なぜか管理棟の向かいには大きめなトイレがあります。

隣に体育館やらあるので、その利用者も想定しているのでしょうか。

ふつーにキレイに保たれています。

昼間見かけたのは高校生?のような若い方々。アルバイトでしょうか。

手洗い場はちょっと使いづらい(笑
右側のセンサーに手をかざして、マッハで手を洗います。

さて、夕ご飯の前に、みんなでお風呂に行きます。

車で10分くらい?でしょうか。

目的地は丘の上にある、”いこいの家”。

隣の建物は無視無視・・・。

温泉というのが素晴らしい。

シャンプー等は持参しましょう。

休館日にご注意を。(前回やらかした)

典型的な公民館の雰囲気。

いい味出しています。

壁に貼ってあった洞爺タウンマップ。

キャンプ場は右下。温泉は左側中央。

熱いお湯で火照った体を、広い休憩室でのんびり冷やします。

窓からは、夕日に染まった中島が。

なお、花火は中島右側の、湖畔対岸から小さく上がります・・・。

なんと床暖が入っていたので、ついていない縁側でごろごろ。

テントに戻ってきたら、もう外は真っ暗。

コストコで買ってきたUSビーフリブ、プルコギ、ジョンソンビル(ウィンナー)など焼きまくります!

美味しい〜!

お腹いっぱいになったところで就寝。

 

Z

 

 

z…z

 

z..z.z.z

 

 

z..z

 

 

z.

 

 

z.

 

翌朝4時まえ。

静かに起床して、そっと車へ。

中山峠はまだ雪が積もっていました。2度ですものね。

 

さて、出社しましょうか!

ここのキャンプ場の記事一覧 | Ternと一緒にどこ行こう

※洞爺湖に面したキャンプ場でまとめています

(Visited 14 times, 21 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です