2018-09 愛別 きのこの里 〜リベンジ達成

ついにやってきました愛別!
急遽会社から呼び出しがあり、泣く泣くキャンプを諦めたあの時↓からはや3年! リベンジ達成です。

2015-08 きのこの里愛別〜キャンプ未遂 | Ternと一緒にどこ行こう
http://groove.que.jp/2015/08-aibetus/

最高に気持ちがいいキャンプをすることができました!もちろん貸し切りっ!!


きのこの里あいべつオートキャンプ場

  • 北海道北海道上川郡愛別町字愛山
  • 01658-7-2800 現地管理棟
  • http://www.town.aibetsu.hokkaido.jp/sightseeing/alot.html
  • テント一張1000円、タープ500円。7月〜9月
  • ➕立地最高 / トイレ綺麗 / 芝生最高 / 釣りできる / 傾斜なし!
  • ➖フリーテント広場への搬入はリヤカー。
  • 結論:のんびり山間のキャンプ場。広々としていて気持ちがいい。

今思えば、出発地札幌での雨。
この気分マイナス・スタートが、愛別キャンプをとても心地よく感じた理由の一つかもしれません。

仕事終わりに高速で一路旭川方向へ。

どうもこの時の写真を見返すに、丸瀬布の”丸瀬布いこいの森オートキャンプ場” に行こうとしたらしい。
ただ出発が遅く(確か秀岳荘に寄っていた)チェックインの時間までに間に合いそうになくなってしまい、急遽、あ!愛別がある!と変更したらしいです(笑

ということで、愛別ICで降ります。
道央道の比布(ぴっぷ)から分かれる旭川紋別自動車道は無料だし走りやすいし本当に助かります。

 愛別の街をグルっと回ったのですが、スーパーを見つけられず。

ここにあることは知っていたので、道中にあるセイコーマートで今回の食材を買い出します。

※後で調べるとダ・マルシェというアークスグループの普通のスーパーが愛別市街地にありました。
名前が物産館ぽく、この時はスルーしてしまいました。

ダ・マルシャ 〒078-1495 北海道上川郡愛別町本町125

 

少し走ると

オービスの黄色い看板の横に、入り口がありました。

この旗が目印。

細い農道を行くと、すぐ右手に目的のキャンプ場発見!

到着! 

駐車場にはだれもいません!
また今回もキャンプ場独占!頂きました!!

(ここは田んぼの中なので、熊の心配を一切しなくていいのが嬉しい)

キャンプ場概要です。
右側にオートサイト。左側にとても広々としたフリーテントサイトが広がります。
オートキャンプ場と銘打っている場合、フリーテントサイトは雀の涙程度だったりしますが(ルピックとか)、ここはとっても広く、しかも平らなのでオススメできます。

現在地は、管理等横。
キャンピングカー対応サイトがA、オートがBですね。

管理棟前には、ちょっとした談笑スペースが。
地元の方が一休みするのに良さそうですね〜。

シャワー室もある、立派な管理棟で受付します。

フリーテントサイト一泊1000円+翌日も遅くまで居ることにしたので翌日分のデイ500円。合計1500円。

それから薪を一束。

いくらだったかな〜。忘れてしまいました。以前の屋根下から持っていくスタイルから変わったのが少し残念。

2015年08月

 

売店は充実の内容。

アイスや

氷に松尾ジンギスカン!

ビールも豊富に揃えてありますよ!

なかなかの品揃えです。

受付をするとパンフレットと、ゴミ袋、

そして車につける許可書にテントにつけるフラッグを渡されます。

フラッグ、可愛いですね〜。 

各種料金

ここのキャンプ場はゴミ捨てが無料!太っ腹!

ただし、ゴミは分別が必要です。

管理棟正面のここに捨てます。

さて、フリーテントサイトを利用する場合、より近い駐車場があるので、そちらに車を移動します。

管理棟横の駐車場を一旦出て、地図左上にあるリヤカー置き場の横にある臨時駐車場に車を回します。

美味しそうなお米がたわわに実っていますね〜。

ちょっと見づらいのですが、この未知を右に行きます。

看板。

右側にフリーテントサイトを見ながら進むと、すぐ見えてくる白いテントのリヤカー置き場右側にある駐車場に向かいます。

 広い〜。

フリーテントサイトは目と鼻の先。

車乗入れができないので、リヤカーで荷物運び。

どれにしようかな~
(ゴムタイヤが付いているのをオススメします・・・。)

キョロキョロ。

広くて緑が濃いフリーテントサイト。

どこにしようかかなり悩んだ結果、

大きな木の根元に。          

仕事終わり&到着した喜びで、まずはビール!!

今回はのんびりキャンプと決めていたので、タープも立てますよ!

mont-bell ミニタープHX 〜簡単設営メモ | Ternと一緒にどこ行こう

 片側立てて

両側に引っ掛けて

張り綱をぴーんと張ったら

あとは持ち上げるだけ。

今回は片側オープンスタイルです

暗くなる前に、ランタン点けてっと。

(虫除けも少しは兼ねてるはず)

2本目はクラシック〜。

トイレがてら、ちょっと場内探索に向かいます。

写真左側にある、まあるいもの。(見ずらいけど)

こちらが、灰捨場。

比較的近い!

フリーサイトには、いろいろなものが点在しています。

これは・・・。

かまど台?使用禁止?

多分団体利用時に使うものでしょう。

炊事場はこちら。

2ヶ所ありますが、

簡易的。でも非常に綺麗に保たれています。

これはありですね!

だ、そうです。

フリーサイトの横(川側)には数軒の東屋と、

水の広場あります。

ここでは、ニジマス釣りができるようです!

魚釣りはしないので、スルー。

で、やってきましたトイレ。

私の居る場所からは、フリーテントサイトを突っ切って反対側。

各種注意事項

電気は自分でつけましょう。

トイレ内部

キレイでいいですね!

トイレから出て、横にある階段を登ると・・・

 

えっさほいさ。

管理棟の横に出ます。

振り返るとこんな風景。

正面奥の白いテント小屋の近くにタープを立てています。見えづらいけど。

オートサイトも誰もいません。

向かって左側が川沿いなので、選べるならこちら側がたのしいかな?

右側は管理棟に近いです。

はーい。

で、プラティパスに水を汲みます。

小さくたためるので、ソロキャンプにはオススメします。

※容量に注意!2L/1L/500ml/その他とあります。

 

 

ということで夕食の準備を開始!

今日のご飯は、ジンギスカン三昧!鹿肉に松尾ジンギスカンのマトンとぜいたく!

バーナーも二種類準備。

一台はジンギスカン用、もう一台は、実は初めてキャンプでご飯を炊いてみます!!

(パン派だったので・・・。)

秀岳荘で買ってきた焚き火クッカー。

メスティンとか有名所は避けるスタイル(笑

フッ素樹脂コーティングに惹かれて購入。

メモリも付いているし、なかなか良さげです。

って、テントを建てるのを忘れていました・・・。

さくっと完成!

焚き火も準備完了。

さっそく炊飯の準備します。

・・・って一合ってどのくらい???何cc???

お米入れた状態で、水の量計れないじゃん・・・。と困難の連続。

(米1合は180cc(180ml)らしい)

最初は強火・・・ね。

ちょっと待った。そもそもクッカーが五徳に載らない・・・。→ 網敷いて解決。

あれ?ソト(SOTO) ストームブレイカーだと、強火までつまみ回すとすぐ焦げそう・・。火加減むずい・・。

SOTOストームブレイカー 〜耐風静音なガス&液燃バーナー | Ternと一緒にどこ行こう

ってことで、炊飯はカセットガス利用で弱火も比較的得意な岩谷カセットガスジュニアバーナーで。

岩谷カセットガスジュニアバーナー 〜必須 | Ternと一緒にどこ行こう

ストームブレイカーはジンギスカンを焼きますよ!

美味しい〜〜

吹いたので、ここで弱火に・・・。

蒸して、開けたら・・・。

あれ??

失敗失敗。

次回頑張りましょー。

食後はひたすら焚き火タイム。

炎の変化は見ていて飽きることがありません。

焚き火+ウィスキーは最高の組み合わせ。

お!キツネ。

やはりキャンプでは食材はもちろん、細かい道具も持っていかれる可能性があるので、就寝時はしまわないといけませんね。

静かに夜が更けていきます。

周りには誰もいませんが、不思議と恐くはありません。

田園地帯の真ん中だし、正面の土手の上には民家もあります。

夜食をちょっとだけ食べながら、、、

就寝。

 

 

Z

Z

 

Zzz..z.

 

 

z.z.z.z..

 

zz

 

Zzzz

 

 

おはようございます。

テントが濡れているので、少し雨が降ったようです。

外はいい感じ。

秋晴れ!

キツネに盗まれたものもありません。

以前、椅子を収納する袋やら、食パンやら○○鍋のタレやら盗られたことがあるので、かなり用心深くなっています。

タープの影がずれまくっているのは、高緯度の北海道らしいですね。

今日はひたすらのんびりしますよ〜。

天国への階段・・・。

朝シャワーを浴びるために、管理棟へ向かいます。

シャワーは15分200円

洗面台も完備。

シャワーブースはこんなかんじ。3台ありました。

15分は自分で計ります!

1枚目のブルーのカーテンと、2枚目のクリーム色のカーテンの間が着替えスペース。

ブルーのカーテンの手前は共用スペース。後ろ側に先程の洗面台があります。

脱衣スペースとはカーテンでしか仕切られていないので、シャワー浴びるときの角度に注意!

下手したら、服にもろ水かかります(笑

シャワー室出たところには、コインランドリーも。

売店ではオリジナルの食品も取り扱っていました。

ハヤシライスいいね!

お風呂上がりにいつものコーヒー!

さて、朝食でも作りましょうか。

メニューは昨日のリベンジ。

ご飯を炊いて、いろいろかけますw

お!ちょいちょい芯があって硬いけど、昨日よりはましかな・・。

下手くそハンバーグも焼いて・・。

無印良品のクリーミーチキンカレー。

ハンバーグも完成。こちらはうまうま!

ふう。

 

9月に入ったばかりのこの日。
秋が少しずつ

近づいています。

そんな心地よい気温の中、二度寝! 

起きたらもう、日が傾いていました。

15時前後。

テント片付けて

リヤカーに荷物積んで、

撤収完了です。

いや〜本当に気持ちがいいキャンプでした。

昼寝もできましたしね!

手作りなんでしょうね。個性あふれるリヤカー。

ぐるっと回って、

管理棟でフラッグを返却。ゴミを捨ててチェックアウト完了。

日没ギリギリ。

気温は22度あたり。

さて、帰りましょうか。

(Visited 1 times, 5 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です